企業情報

企業方針

Company Policy

企業倫理方針

当社は、企業倫理を経営の最優先事項とし、以下の方針を実行します。

  • 法令遵守は当然の責務とし、倫理に適った活動を行います。
  • 正直・誠実・公明・公平・お客様第一で、全ての企業活動を行います。
  • 社会の要請にこたえ、優れた品質の商品の製造と供給を行います。
  • 環境保全、地域貢献に努め社会的責任を果たします。

経営基本方針

経営目標として以下の通りに定め、積極的な事業改善を進めてまいります。

  • Q・C・Dの質を高め、顧客満足と顧客創造をめざす
  • 独自技術の継続的開発とコスト競争力強化により、利益を伴う成長をめざす
  • 自然環境保護、地域社会並びに社員との共生に努める

情報セキュリティーポリシー

基本方針

テクノメタル株式会社(以下、当社という)は事業活動にかかる、すべての情報資産を セキュリティ上の脅威から保護するため、本情報セキュリティ基本方針および関連規程・ 規則を定め以下の取り組みを行ってまいります。また事業の継続性を確保するため、内部統制の強化と、さまざまな情報リスクへの対策を実施します。このことを明文化するために情報セキュリティポリシーを制定しました。

情報セキュリティーポリシーの運用
適正な情報管理の実施

当社が保有する、すべての情報資産の保護に努め、情報セキュリティに関する法令、契約条項、社内規程類を遵守することにより、社会からの信頼を得られるよう情報セキュリティ管理を構築して行きます。

情報セキィリティ委員会の設置

社内に情報セキュリティ管理責任者(執行役員)を設置し、情報セキュリティ委員会を組織します。これにより全社レベルにおけるリスクを評価し、リスクへの対応を確実かつ迅速にできるように活動します。

情報資産・アクセスへの対応

情報資産に対する不正な侵入、漏洩、改ざん、紛失、災害、利用妨害、コンピュータウィルス感染等が発生しないシステムを構築します。情報の利用面では職務権限に応じたデータベースへのアクセスを確実にコントロールします。

内部統制への対応

財務報告の信頼性を保証するため情報資産を使用する、すべての利用者には情報セキュリティポリシーの遵守と正確なデータ処理を要求し、リスクコントロールを実施します。また、教育・訓練を踏まえ内部統制の定着化を推進します。

継続的改善

経営環境の変化やIT技術の進展などに応じて、情報セキュリティの確保に必要な対策を継続的な改善として取り組み、業務効率化を推進します。

罰則

法令、関連する規程類に違反する行為があったと認められる場合には、当社が定める社内規程により対処します。

2008年4月24日
代表取締役社長 三浦 哲夫